実績紹介Activities of GRM

一覧へ

オンサイト実習(宮古島)

オンサイト実習

2013/3/10


実習日:2013年3月10日(日)~13日(水)
場所: 沖縄県宮古島市

<1日目>
・海外インフラに関する講義① Unnur Stella Gudmundsdottir氏〔デンマーク国営電力会社〕  
・海外インフラに関する講義② Matti Lehtonen氏〔フィンランドAalto大学教授〕

<2日目>
・宮古島メガソーラー実証発電施設、沖縄電力宮古第2発電所見学
・沖縄電力株式会社宮古支店の現場担当者による講義
・宿舎にて会議

<3日目>
・宮古島地下ダム施設、宮古島市袖山浄水場見学
・宮古島市上下水道部で水道インフラ、JICA事業の水道技術移転についての説明および講義
・ 宿舎にて会議

<4日目>
・宿舎にて(総括)会議


 上記のとおり3泊4日で実施したが、GRMプログラム初の履修科目として十分な成果が得られたと判断できる。特に本プログラムの大きな柱である文理融合の一端としてその必要性および価値を受講生が認識できたのは重要な効果であった。特に文系の学生にとっては電気エネルギー、水に関わるインフラ施設の現場と運用の実態を体験できたのは本科目の主旨に合致しており、履修効果が大であったと言える。また、同行した教員にとっても収穫が多い実習であった。


学生報告書1

学生報告書2(英語)