実績紹介Activities of GRM

一覧へ

2013 コモン演習Ⅰ

コモン演習

2013/8/2


実習日:2013年8月2日(金)~4日(日) 
場所: 今出川校地(烏丸キャンパス)志高館 ラーニングスタジオ,SK102 ,総合地球環境学研究所

<1日目>
#1 オリエンテーション   
#2 地球研オープンハウス2013  総合地球環境学研究所

<2日目>
#3 コモン・サブジェクト(インフラ工学分野) ディスカッション
#4 コモン・サブジェクト(インフラ工学分野) 報告・評価
#5 コモン・サブジェクト(グローバル・スタディーズ分野) ディスカッション

<3日目>
#6 コモン・サブジェクト(グローバル・スタディーズ分野)  報告・評価
#7 海外での安全管理講習  講師:上村 司 氏〔外務省領事局長〕


コモン・サブジェクト テーマ
(インフラ工学分野)
人口100名程度の孤立地域に電気エネルギーを供給するために適した電力インフラ建設について、A.アラブ圏砂漠地帯(日射量大) B.アフリカ/東南アジア雨林地帯 C.離島 の3つの地域を想定してプラン(建設資金を含む)を策定する。
(グローバル・スタディーズ分野)
シリア内戦が終結したと仮定し、インフラ再構築政策、多文化共生政策が実質的であるかを
1.シリアの自然環境、特に気候、河川、水系ごとの灌漑などの状況
2.シリアのインフラ整備状況、特に電力について
3.シリアの民族、宗教(宗派)構成
4.1946年に建国して以来の、シリアの統治体制(都市間、国内地域間の関係にも留意)
5.反政府運動から内戦への状況
に留意しながら、検討する。