実績紹介Activities of GRM

一覧へ

バングラデシュにおけるAMAMIZUイノベーション ―ドネーションからBOPビジネスへ―

セミナー・レクチャー

2015/1/16


GRM Lecture Series
開催日: 2015年1月16日(金)
場所: 今出川校地(烏丸キャンパス) 志高館 SK112
演題:「バングラデシュにおけるAMAMIZUイノベーション -ドネーションからBOPビジネスへ-」
講師:村瀬 誠  氏〔株式会社天水(あまみず)研究所代表取締役,東邦大学薬学部客員教授〕

[講師略歴] 
1996年薬学博士(東邦大学)。東京都墨田区に勤務の傍ら、雨水利用推進のため国内外で活動。2002年にロレックス賞、2014年に日本水大賞・国際貢献特別賞を受賞。現在、株式会社天水研究所代表取締役、バングラデシュ現地法人Skywater Bangladesh会長、東邦大学薬学部客員教授。

[講演内容]
本講演では、バングラデシュにおける水道インフラの状況を出発点に、そこでの課題と解決案、そしてその解決案を実際のプロジェクトとして実施し、継続性を持たせるためにBOPビジネスとして成立させるにいたる過程を、写真やデータをまじえて詳細に報告していただいた。こうした講演内容は、それぞれ異なる興味関心分野を持つ参加学生にも、自身の研究のあり方や社会とのかかわり方、将来像について考える良い機会となったといえる。とりわけ、プロジェクト継続のためにBOPビジネスという手法を採用するにいたった経緯は、広く知られる大企業によるBOPビジネスとの重要な相違点として、非常に示唆的であった。
講演後、様々な観点からの質問が相次ぎ、学生の知識・意識の双方において効果があった。

(高等研究教育機構准教授 岩坂将充)


学生報告書