実績紹介Activities of GRM

一覧へ

最困難国シリア内戦の現状

セミナー・レクチャー

2013/6/17


GRM Lecture Series
開催日: 2013年6月17日(月)
場所: 今出川校地(烏丸キャンパス) 志高館 SK119
演題: 「最困難国シリア内戦の現状」
講師: 常岡浩介 氏〔フリー・ジャーナリスト〕,中田 考 氏〔元・神学部・神学研究科教授〕
司会: 内藤正典 教授〔グローバル・スタディーズ研究科〕

講師略歴:
常岡 浩介氏
長崎県生まれ。早稲田大学人間科学部在学中にアルジェリア、リビアなどを旅し、日本に伝えられている状況と現地の状況のギャップを知り、ジャーナリストを志す。
中田 考氏
岡山県生まれ。東京大学を経て、カイロ大学大学院で博士号を取得。イスラーム学を専門とし、アフガニスタンやマレーシアをフィールドに積極的な研究活動を続けている。

内容:
GRMの主目的のひとつである最困難国での多文化共生社会の実状について、シリア国内を取材してきた常岡浩介氏(フリー・ジャーナリスト)とイスラーム学者の中田考氏(元・同志社大学神学部・神学研究科教授)との対談講演会を開催いたします。

学生報告書