実績紹介Activities of GRM

一覧へ

トルコとエジプトの民主化の過程比較

セミナー・レクチャー

2013/9/27


GRM Lecture Series
日時:2013年9月27日(金)
場所:今出川校地 烏丸キャンパス 志高館1階会議室
講師:Taha Özhan(ターハ・オズハン)氏(政治経済社会研究財団(SETA)アンカラ理事長)
討論参加者:
Talip Küçükcan(ターリップ ・ クチュクジャン)博士
(政治経済社会研究財団(SETA) アンカラ理事/外交研究コーディネーター、マルマラ大学中東センター長、 トルコ高等教育会議会長顧問)
Ufuk Ulutaş(ウフク ・ ウルタシュ)氏
(政治経済社会研究財団(SETA) アンカラ理事/外交政策研究)

講師略歴:
New School for Social Research (NY) 修士号を取得し、現在は博士課程に在籍。トルコ国営放送において、政治討論番組の司会を務める。

内容:
世界が注視するトルコ、エジプトの反政府運動について、トルコを代表するシンクタンク、政治経済社会研究財団(SETA)から 専門家をお招きし、両国の現状と民主化に向けた政治展望等をお話いただきます。

*講義は英語で行われます。
  • リーフレット[ ]