実績紹介Activities of GRM

一覧へ

「国連機関における外務省専門調査員とは」

セミナー・レクチャー

2015/12/14


GRM Lecture Series
日時:2015年12月14日(月)13:10~14:40
会場:今出川校地 烏丸キャンパス 志高館 SK110
講師:見原 礼子氏(長崎大学多文化社会学部准教授)
演題:「国連機関における外務省専門調査員とは」
講師略歴:
一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程修了、博士(社会学)。日本学術振興会特別研究員、フランス社会科学高等研究院客員研究員、ユネスコ日本政府代表部専門調査員を務める。同志社大学大学院グローバル・スタディーズ研究科助教、高等研究教育機構准教授を経て、2014年4月より現職。本学(同志社大学)では、2014年3月までGRMプログラム・オフィサーを務めた。

内容:
国際機関に派遣される外務省専門調査員とは、その内容やキャリア形成について、ご自身の経験をふまえてお話・アドバイスいただきました。


--------------------------------------
在外公館専門調査員制度とは:
専門調査員は,我が国の在外公館(大使館,総領事館,政府代表部)の一員として,派遣先国・地域の政治,経済,文化等に関する調査・研究,及び館務補助の業務を通じ,我が国の外交活動に資するため,労働者派遣法に基づく派遣元の事業者との雇用契約により2年の任期をもって派遣されています。

専門調査員の募集については,社団法人国際交流サービス協会が年2回募集を実施していますので,募集についての詳しい内容及び専門調査員制度等のお問い合わせにつきましては,社団法人国際交流サービス協会ホームページをご参照ください。
--------------------------------------
外務省HPより
http://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/saiyo/senmon/