実績紹介Activities of GRM

一覧へ

GRMドキュメンタリーフィルムイベント - 5月

セミナー・レクチャー

2019/5/29


今月のGRMドキュメンタリーフィルムイベントは5月23日に開催されました。
今回は以下のテーマの映像を見た後、ディスカッションをしました。
“Breakthrough in Renewable Energy”
(再生可能エネルギーの大躍進)

***********************
開催日:2019年 5月23日(木) 
時間:17:30 P.M.- 
19:30 P.M.
場所:今出川校地 烏丸キャンパス 志高館1F 会議室
***********************

■コメンタリー(英語)より抜粋
Written by Dr. Iyas Salim (Assistant Professor)

このドキュメンタリーフィルムは、私たちの人生が前例のない代替エネルギー、ソーラーエネルギーの影響を受けていることを再認識させます。このフィルムは、エネルギー消費の新しい未来への道を先導します。映画が述べているように、炭素ベースのエネルギー消費から再生可能エネルギーへの変化の鍵はコストです。業界と研究は、世界中のさまざまな部分で関連技術の改善に積極的に取り組んでおり、時間が経つにつれてエネルギーコストが下がると主張しています。中国は、消費者レベルで再生可能エネルギーを使用可能かつ手頃な価格にするための世界的な取り組みを主導しているようです。現時点では、太陽エネルギーのコストが80%低下し、風力エネルギーのコストが50%低下したと主張されています。再生可能エネルギーのコストが天然ガスのコストを下回っているため、多くの地域や国が「クリーンエネルギー革命」に参加する可能性があります。
このフィルムは、アブダビ近郊のマスダール市でのメガ再生可能エネルギープロジェクトのケースを紹介しています。マスダールは、再生可能エネルギーのみに依存するモデル都市として設計されています。デザイナー/建築家は、マスダールを主に人々と歩行者を中心とした都市として計画しました。気温の記録は、近くの都市ドバイよりも摂氏15度を示しています。プロジェクトの支持者は、未来の都市は車ではなく人を中心に設計され、コミュニティに再生可能エネルギーを供給することを可能にすると予測しています。オランダとカリフォルニアでは、この映画は、風力と太陽光からの再生可能エネルギーが実施され、明確で持続可能なエネルギーでコミュニティを支援するプロジェクトも示しています。
鑑賞後の議論の中で、ある参加者は、宣伝効果のある映画だと批判しました。工学系の学生が指摘したように、大規模な再生可能エネルギーインフラストラクチャーの実装には多くの課題があります。もう一つの重要な点は、エネルギーの貯蔵の問題について提起されました。研究と技術は、エネルギーを貯蔵するための手頃な技術の問題を解決する必要があります。アブダビ出身の参加者は、マスダールが将来のモデルであると考えていると指摘しました。それでも、マスダール市にエネルギーを供給するソーラーパネルは、多くのスペースを占有します。
効率的で手頃な価格の再生可能エネルギー源が現実になることを期待して、技術は常に進化し変化しています。地球温暖化が生態系に大きな破壊をもたらしているため、現在の極端な天候はまさに現実です。したがって、再生可能エネルギーは代替手段であるだけでなく、世界中の何百万人もの人々の生存のための必要な追求でもあります。