実績紹介Activities of GRM

一覧へ

GRMドキュメンタリーフィルムイベント - 7月

研究活動・その他

2019/7/12


今月のGRMドキュメンタリーフィルムイベントは7月11日(木)に開催されました。
今回は以下のテーマの映像を見た後、ディスカッションをしました。
“The Men Who Stole the World: Inside the 2008 Financial Crisis”
世界を盗んだ男たち:2008年金融危機より
 

***********************
開催日:2019年 7月11日(木) 
時間:17:30 P.M.- 19:30 P.M.
場所:今出川校地 烏丸キャンパス 志高館1F 会議室
***********************
■コメンタリー(英語)より抜粋
Written by Dr. Iyas Salim (Assistant Professor)
この映画は、元ヘッジファンドであるフィリップ・J・ベイカーの物語を描いています。
フィリップ・J・ベイカーは、米国に本拠を置き、最終的に金融ショックで崩壊しました。ドイツ当局は2009年7月にベイカーを逮捕し、彼を米国政府に引き渡した。米国連邦裁判所は、彼に詐欺と金融犯罪の罪で20年の刑を言い渡しました。彼は世界中で約9000人の投資家に2億9,400万ドルの費用をかけた罪で有罪判決を受けました。ベイカーは8年の刑務所で服役し、その後仮釈放されました。ベイカーは怒っており、彼の話をしたいと思っています。彼は、政府はピラミッドの頂点にあり、金融​​犯罪の責任者である「大きな魚」を追いかけず、政府当局を不誠実であると非難し、金融犯罪者を追いかけているように見せることで国民を欺いたと言いました。事実は、政府は、ウォール街のような数十億の投資会社と比較して、「ペニー」と見なされるヘッジファンドの小さなマネージャーを追いかけたということです。ベイカーによると、一部のマイナーな金融マネージャーの逮捕は、一般市民の抗議に対応する単なる宣伝スタントであり、政府が不審な金融機関を取り締まり、取り締まりを行っているかのように見えるためです。

映画の後、参加者は映画が2008年の金融ショックの後も残る心配な問題を引き起こしたと考えました。2008年に犯された犯罪の責任者は、全体としてまだありませんので、以前と同様に活動を続けています。
 それを最終的なショック、経済崩壊、または大恐慌と呼んでも、歴史はそのような規模の危機が大きな転換点であることを知らせます。 1930年代初頭の大恐慌の後、ヒトラーが権力を握り、後に第二次世界大戦を迎えました。問題は、世界がどのように対処しているかです。