実績紹介Activities of GRM

一覧へ

GRMドキュメンタリーフィルムイベント - 11月

研究活動・その他

2019/11/13


今月のGRMドキュメンタリーフィルムイベントは11月13日(水)に開催されました。
今回は以下のテーマの映像を見た後、ディスカッションをしました。
"Tell the World:中国ウイグル族の声なき苦しみ"

----------------------------
開催日:2019年 11月13日(水)
時間:17:30 P.M.- 19:30 P.M.
場所:今出川校地 烏丸キャンパス 志高館1F 会議室
----------------------------

■コメンタリー(英語)より抜粋

この映像は、ウイグル族の現実についてのドキュメントです。海外に住むウイグル人や新Uウイグル人およびこの地域の少数民族に対する文化的および宗教的弾圧の政府の政策を検証します。オーストラリアのウイグル人コミュニティのケースでは、マスクをした警察が彼らの家を襲撃し、5人の兄弟が中国政府によって連れ去られました。重武装した警察は兄弟の頭を覆い、子供たちの前で彼らを縛りました。他の事例では、オーストラリアで妻や幼い子供たちが再会をいつまでも待つという過酷な経験について語っています。

映画に続く議論では、さまざまな国や背景の出身者が意見や意見を述べました。ある学生が指摘したように、宗教と表現の自由は、中国全体としては限界があります。 「数年前に中国の大学で勉強していたとき、大学のキャンパスで祈ることができませんでした」と一人の学生が言いました。しかし、ある参加者は、中国の都市のイスラム教徒地区を訪れた経験について話し、ホイとして知られるイスラム教徒の中国人が近所のモスクで祈るのを見ました。 「中国国内では、ウイグル人が政府によって扱われる方法とホイ族のものを区別することが重要です」と学生はコメントしました。

 フィリピンでは、中国と愛憎関係があります。フィリピンと中国の間の貿易関係は大きいですが、海の上ではしばしば争う事があります。それは中国の死のtrapと呼ばれますと、フィリピンからの参加者が言いました。他の人は、数年後には世界一になるかもしれない中国のような巨大な経済が、社会の安定を軽視しているのではないかと疑問に思いました。

討論では、中国の共同体党のイデオロギーについて取り上げました。ある学生が指摘したように、それは「民族社会主義」に関するものかもしれません。ある人は、集合システムが適用されたソビエト連邦の時代を振り返り、それが現在のウイグル人に起こっているのを見ているかもしれません。学生は歴史について議論し、中国の歴史的特徴の1つは常に一体性を維持する方法であると述べました。新ウイグル人の研究者は、この映画は中国政府の視点をもたらさないと主張した。映画製作者はキャンベラにある中国大使館にコンタクトしたが、中国大使はインタビューがあったことを拒否したと答えました。

(高等研究教育院 特定任用研究員 イヤス・サリム先生)